vs 佛教大学

  • 2017.03.11 Saturday
  • 19:48

OB、OG並びに保護者の皆様、いつも応援ありがとうございます。
本日行われました佛教大学とのオープン戦についてご報告いたします。


京都府立大学 対 佛教大学 平成29年3月11日  京都府立大G
試合開始12:59 試合終了 15:31  所要時間 2時間32分

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
佛教大学 7 0 4 3 0 0 0 2 1 17 17 1
京都府立大学 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 5 2

佛教大学 足立、○中田、中山−片山、福井
京都府立大学 ●鍛治村、安川−西門


二塁打 前田、芳岡、越智、平田(佛教大)、安川(京府大)
三塁打 小林、片山(佛教大)、尾島(京府大)
本塁打

                  

位置 選手名 打数 安打 打点 盗塁 四死
中山 4 0 0

0

尾島 0 0
西門 0 0 0
6 大前 4 0 0 0 0
1→3 鍛治村 0 0 0

3→1 安川 0 0 0
山口 0 0 0 0
寺岡 0 0 0

大久保 0 0 0 0
合計 31 0 0
投手名 投球数 投球回数 打者 打数 被安打 被本塁打 与四死球 奪三振 失点 自責点

鍛治村

121 5 35 23 11 0 7 1 14 11
安川 51 4 18 15 6 0 1 0 3 3


★個人成績は府立大学のみアップさせて頂いてます

1回表、制球が定まらず連続して相手に四死球を与え、また長打や犠飛などで7点を先制されます。その裏、先頭打者の中山が右中間へ安打を放つと、続く尾島の右翼線への安打、さらに3番西門の四球により無死満塁のチャンスを迎えます。4番大前は併殺打に倒れますが、その間に中山が生還。1点を返します。3回表には4点を追加され、さらにリードを広げられますが、3回裏に尾島が右中間を破る安打で一気に三塁まで進んだのち、続く西門の左飛と左翼手の悪送球に助けられ本塁を踏んで、こちらも点を追加します。しかし4回にも3点を奪われ、なかなか点差を縮めることができません。6回から登板した安川が安定した投球を見せ、6回、7回を無失点に抑えますが、8回9回と連打を浴び、それぞれ2点、1点を奪われてしまいます。一方の府大は、相手の好投に阻まれ、得点圏に進むことができないまま17対2で負けを喫しました。

今日の試合では、攻守ともにまだまだ課題があると感じました。普段の練習から言われていることを今一度意識し、改善に向けて取り組むとともに、チームの雰囲気作りに関しても考えていかなければならないと思います。春季リーグ開幕まであと2週間です。この短期間で何ができるか、各人が考えながら練習に励んでいきます。

次回は3月14日(火)、13時より立命館大学柊野Gにて立命館大学との練習試合を行います。お時間ございましたら、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

2019年度の成績

春季リーグ戦 0勝10敗 6位
秋季リーグ戦 3勝7敗 6位

2018年度の成績

春季リーグ 1勝11敗 7位
秋季リーグ 3勝9敗 7位

2017年度の成績

春季リーグ 3勝9敗 6位
秋季リーグ 3勝9敗 6位

2016年度の成績

春季リーグ 4勝7敗1分 5位
秋季リーグ 4勝8敗 6位

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM