vs 滋賀県立大学 2回戦

OB、OG並びに保護者の皆様、いつも応援ありがとうございます。
本日行われました滋賀県立大学との2回戦についてご報告いたします。


京都府立大学 対 滋賀県立大学 平成29年5月7日  滋賀県立大学G
試合開始14:55  試合終了 16:46  所要時間 1時間51分

<<7回コールド>>

 

 

チーム 1 2 3 4 5 6 7 H E
滋賀県立大学 1 3 1 0 0 1 1 7 12 1
京都府立大学 0 0 0 0 0 0 0 0 8 5

 

滋賀県立大学 ○後野、中村−七里
京都府立大学 ●安川−西門

 


二塁打
三塁打
本塁打

                    

位置 選手名 打数 安打 打点 盗塁 四死
5 中山 3 3 0 0 1
8 尾島 3 0 0 0 0
2 西門 3 0 0 0 1
4 大前 4 1 0 1 0
3 鍛治村 4 1 0 0 0
6 雨坂 3 1 0 0 0
7 田中 2 1 0 0 1
9 大久保 3 0 0 0 0
1 安川 3 1 0 0 0
合計 28 8 0 1 3
投手名 投球数 投球回数 打者 打数 被安打 被本塁打 与四死球 奪三振 失点 自責点
安川 133 7 39 36 12 0 3 2 7 4

 
 

★個人成績は府立大学のみアップさせて頂いてます

 1回表、先頭打者を出塁させると打線を繋げられ1点を先制されます。その裏1番中山がヒットで出塁すると、2番尾島が送り、さらに3番西門の内野ゴロの間に走者を3塁まで進めます。しかしその後凡退し得点することができません。2、3回表にもさらに3点、1点と奪われ点差を広げられます。3回裏、先頭の9番安川がセンター前ヒットで出ると、その後チャンスを広げ二死一、三塁としますがここでも一本が出せません。5回裏では四球と相手の失策が続いて一死満塁のチャンスとなりますがここでも凡退し0点に終わります。6、7回表にはさらに1点ずつ追加され、7回コールドにより7-0で負ける結果となりました。

 今日の試合では、守備のミスに付け込まれ多くの得点を奪われてしまいました。また攻撃ではヒットも出てチャンスは度々つくるもあと一本が出ず、点をとれない場面が多々見られました。チャンスで一本出せない状態が続くとチームの雰囲気が悪くなり、また相手も調子づかせて苦しい試合展開になってしまうのを痛感しました。チャンスで一本が出せるバッティングをしてとれる点はとっていくことが勝つためには必要だと思います。何より野球は、ミスの多い方が負けます。

 次回の試合は5月13日(土)、9時より佛大園部Gにて京都薬科大学との1回戦を行います。残り3試合、全て勝てるよう全力を尽くして臨んでいきます。遠方ではございますが、お時間ございましたらご声援のほどよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

  • 2019.10.20 Sunday
  • -
  • 18:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

2017年度の成績

春季リーグ戦 3勝9敗 6位      秋季リーグ戦 3勝9敗 6位

2015年度の戦績

春季リーグ 6位 4勝8敗
秋季リーグ 7位 2勝10敗

2016年度の戦績

春季リーグ 5位 4勝7敗1分け  秋季リーグ 6位 4勝8敗

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM