vs 京都薬科大学 1回戦

OB、OG並びに保護者の皆様、いつも応援ありがとうございます。
本日行われました京都薬科大学との1回戦についてご報告いたします。


京都薬科大学 対 京都府立大学 平成29年5月14日  滋賀県立大G
試合開始 15:17 試合終了 17:06  所要時間 1時間49分

<<7回コールド>>

 

 

チーム 1 2 3 4 5 6 7 H E
京都府立大学 2 0 4 0 0 0 3 9 8 0
京都薬科大学 0 0 2 0 0 0 0 2 3 3

 

京都府立大学 ○安川−西門
京都薬科大学 ●常盤、中村−松村

 


二塁打

田中、中山(京府大)

三塁打
本塁打

                  

位置 選手名 打数 安打 打点 盗塁 四死
5 中山 3 1 0 0 1
8 尾島 3 3 0 0 0
2 西門 2 2 1 0 0
4 大前 2 1 1 0 1
7 田中 3 1 2 0 0
D 雨坂 3 0 1 0 0
6 都出 3 0 0 0 1
3 西村 3 0 0 0 0
9 早川 3 0 0 0 0
合計 25 8 5 0 3
投手名 投球数 投球回数 打者 打数 被安打 被本塁打 与四死球 奪三振 失点 自責点
安川 100 7 29 22 3

0

6 1 2 2

 

★個人成績は府立大学のみアップさせて頂いてます

 

 1回表、先頭打者中山が四球を選び出塁すると、尾島の犠打、西門の右前打で一死一、三塁とします。4番大前が先制スクイズを決め、さらに田中が左中間を破る二塁打を放ち、初回に2点を奪います。さらに3回には中山の左越二塁打から打線がつながり、尾島、西門の安打により中山が本塁を踏み1点。また大前のバントヒットで無死満塁とすると、田中の犠飛でもう1点を追加します。雨坂の打球は右飛となりますが、タッチアップで本塁を狙う西門を刺そうとした右翼手の送球を捕手が捕球しきれず、その間に大前も本塁を陥れ2点を奪うと、この回に計4得点し終わります。その裏、相手の着実に塁を進める攻撃で2点を返されますが、それ以降追加点を許さず、4点の差を保ち迎えた7回、先頭打者尾島の安打、西門の犠打失で無死一、二塁のチャンスをつくると、大前の打球が相手の失策を誘い二人が生還。雨坂の犠飛で大前も還り、点差を7点に広げます。その裏もきっちりと守りきり、9対2で7回コールドで勝利しました。

 失点を抑えられたこと、攻撃ではチャンスの場面で一打を出せたことが、今回の勝利につながりました。また、1回生も多く活躍してくれ、特にベンチでの声出しなど、いい雰囲気をつくるのにとても貢献してくれました。上回生も見習ってしっかり声出しして雰囲気よく行えるようにしていきたいです。技術的なことはもちろんですが、そういった心がけ一つで大きく変わる部分も大切にし、今後も臨んでいきます。

 次回は5月20日(土)、甲賀市民スタジアムにて雨天により延期となっていた大谷大学との2回戦を行います。時間は現時点で未定ですので、決まり次第お伝えいたします。遠方ではございますが、ご声援よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

  • 2019.10.20 Sunday
  • -
  • 21:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

2017年度の成績

春季リーグ戦 3勝9敗 6位      秋季リーグ戦 3勝9敗 6位

2015年度の戦績

春季リーグ 6位 4勝8敗
秋季リーグ 7位 2勝10敗

2016年度の戦績

春季リーグ 5位 4勝7敗1分け  秋季リーグ 6位 4勝8敗

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM