vs 京都外国語大学 1回戦

  • 2017.10.08 Sunday
  • 13:49

OB、OG並びに保護者の皆様、いつも応援ありがとうございます。
本日行われました京都外国語大学と1回戦についてご報告いたします。


京都府立大学 対 京都外国語大学 平成29年10月8日  佛教大園部G
試合開始 9:00 試合終了 11:04  所要時間 2時間04分

   

              

               

チーム123456789HE
京都外国語大学3010001005111
京都府立大学010010000271

 

京都外国語大学○丸山−五十嵐
京都府立大学●安川、西村−西門

 


 

二塁打山田(京外大)
三塁打上田(京外大)
本塁打森本(京外大)

                  

          

位置選手名打数安打打点盗塁四死
2西門40001
5中山31001
6雨坂53010
4大前40110
3→1西村30001
1→3安川31001
9鍛治村31001
7寺岡20000
8尾島31100
合計307205

    

投手名投球数投球回数打者打数被安打被本塁打与四死球奪三振失点自責点
安川105733301112153
西村20266000100

 

★個人成績は府立大学のみアップさせて頂いてます

 

 初回から先頭打者にホームランを浴びると、続く打者にも死球を許し、さらに失策などが絡んで計3点を先制されます。府大は2回裏、安川、鍛治村と二者連続で四球を選ぶと、それを寺岡がきっちりと送り、一死二、三塁とします。尾島のセーフティスクイズで安川が生還し、1点を返します。しかし3回表に1点を失い、点差を広げられてしまいます。5回裏には尾島がヒットで出塁し、西門の内野ゴロ、雨坂のレフト前ヒットで三塁へ進むと、4番大前の併殺崩れの間に尾島が本塁を踏み、1点を追加します。ところが再び7回に1点を奪われてしまいます。3点を追う府大は、8回から1回生西村が登板し、相手を三者凡退に抑えよいリズムを作りますが、その流れを自らのミスで断ち切り、5対2で敗れる結果となりました。

 今日の試合では、消極的な走塁やバント失敗といった初歩的なミスがあり、取り組んできたことが試合で発揮できませんでした。また、守備の面では、イージーミスはさることながら、毎回反省で出ている声掛けや指示の声の欠落が失点に結びついてしまいました。カバーリングの徹底などもしっかりできるように取り組みます。初回に点差をつけられてしまいましたが、二回以降は投手はしっかりと立ち直り接戦に持ち込めました。しかし、攻撃面で前述のとおり自ら流れを断ち切って、流れを持って行かれる展開となりました。投手の苦しい場面で野手がフォロー出来る様に、普段の練習で取り組んでいきます。夏季休暇が終わり、講義が始まったため、全体で練習できる時間は少なくなりましたが、これを言い訳にせず次節までに明日からしっかりと練習時間を各自が確保して精一杯練習に励み、チーム内で信頼を重ねていきたいと思います。

 次回は10月14日(土)、10時より京都学園大Gにて京都薬科大学との1回戦を予定しております。お時間ございましたら応援よろしくお願いします。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

2019年度の成績

春季リーグ戦 0勝10敗 6位
秋季リーグ戦 3勝7敗 6位

2018年度の成績

春季リーグ 1勝11敗 7位
秋季リーグ 3勝9敗 7位

2017年度の成績

春季リーグ 3勝9敗 6位
秋季リーグ 3勝9敗 6位

2016年度の成績

春季リーグ 4勝7敗1分 5位
秋季リーグ 4勝8敗 6位

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM